2009年10月13日

カシオペア展望室スイート乗車記【その1】

寝台特急カシオペアの展望室スイートが手に入った。
あれだ・・・、超プラチナチケットと言われる列車最後尾の個室。
興奮冷めやまぬまま、旅行の当日に。
上野から札幌まで、16時間の旅へと向かう・・・。


カシオペア展望室スイートチケット
●カシオペアの切符。
1号車1番の文字が輝く。

JR上野駅
●乗車日当日の上野駅。

上野駅13番ホーム
上野駅13番ホーム />
<img src=
●上野駅13番ホーム。
寝台特急が多く発着するこのホームには独特の空気がただよう。

カシオペア入線
●15時35分、カシオペア入線。
展望室は最初からカーテンが閉まっていた。

サボ
●行き先表示。

カシオペア車体ロゴ
●車体を彩るカシオペアのロゴマーク。
付近のいたるところで写真が撮られていて、カシオペアの人気の高さがうかがえる。

カシオペア電気機関車
カシオペアヘッドマーク
●先頭の電気機関車。
12両もの客車を牽引する。
カシオペアのヘッドマークが輝く。

ホーム上の乗り場案内
●発車時間も近づいてきたのでそろそろ乗車。

展望室への扉
●部屋番号は1号車1番。
そっとドアを開ける。

カシオペア展望室スイートの部屋内
●スイート(展望室)の中へ。
まずはその広さに感嘆。
ベッド2台、ソファー、シャワー、トイレが付いている。
荷物を下ろし、ベッドに腰掛けほっと一息つく。
これから始まる旅に期待が高まる。

上野駅発車
●そうしている間に16時20分、上野駅発車。


カシオペア展望室からの景色
●発車したところでカーテンを開ける。
一気に視界が広がり、その開放感にしばし感動。
遠ざかるビル、通過する駅、景色はどんどん遠ざかり、また変化していく。

カシオペアのウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク
●しばらくして、ウェルカムドリンクのサービスが。
ワイン、ウィスキー、ミネラルウォーター、そして氷。
乗務員の方が部屋の使い方の簡単な説明もしてくれる。

ベッド
カシオペアのベッド
●改めて部屋を見回す。
ベッドは2人分。大きさも並みのベッドサイズ。
これなら転げ落ちるようなこともないだろう。

浴衣とアメニティセット
●ベッドの上にはカシオペアロゴの入った浴衣とアメニティグッズのセット。

カシオペア展望室スイート
二人がけのソファー
●窓際は二人がゆったり座れるソファーになっている。
流れる景色が素晴らしい。

液晶モニター
●ソファー横には液晶モニターが付いており、現在地表示(カーナビのようなもの)やテレビなども見られる。
この液晶モニターはカシオペアの客室全室に付いているらしい。

カシオペア天井
●天井を見上げる。
間接照明になっている部分もあり、やわらかな光があたる。
照明はスイッチでオン・オフが可能。

カシオペア展望室からの車窓
カシオペア展望室からの車窓
展望室スイートからの車窓
展望室スイートからの車窓
●線路は続くよどこまでも・・・。
それにしても晴れて良かった。眺望も最高。
ウェルカムドリンクを呑みながら、列車に揺られる。

【 その2へ続く... 】



【 2009年大晦日カシオペア乗車記はこちら 】


posted by 伊藤 壮 at 13:55 | Comment(0) | カシオペア展望室スイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。