2010年01月03日

【三厩駅】津軽半島の先へ

JR東日本津軽線にある三厩駅に行ってきた。


津軽線の三厩駅
●三厩(みんまや)駅に到着。津軽線の終着。

三厩駅の駅名標
●駅名標。

三厩駅は終着駅
●ホームの先は車庫。
その先に線路は無い。
終着。

駅の遠景
●ちょっと遠目からの三厩駅。

三厩の駅舎
津軽線三厩駅
三厩駅
●三厩駅駅舎。
津軽半島最北の駅。
三厩・・・、ここ、来たかった・・・。
やっと来られた・・・。うっとり。

津軽線三厩駅のストーブ
三厩駅の時刻表
きっぷ売る場のある三厩駅
三厩駅の駅スタンプ
●三厩駅舎内。
ストーブでぬくぬく。記念スタンプもあった。

津軽半島の北端
津軽線の三厩駅の周辺
●周辺を散歩。
5分歩くとそこは海。津軽海峡。

津軽海峡
●海の向こうには北海道が見える。

三厩駅の猫
●猫がいた。

三厩駅舎
●駅に戻ってきた。

津軽線三厩駅
津軽線の列車サボ
三厩駅ホームの端
列車の中
●折り返し列車の発車時刻までさらに駅を探索。
suicaペンギンにスキーしてもらいました。

三厩駅の車掌
●列車に乗り込む車掌。
そろそろ帰りましょか。

青森駅の駅弁帆立釜めし
●帰りの列車内。
お腹すいたので青森駅で買っといた駅弁むしゃむしゃ。
「帆立釜めし」、ナニコレウマー。

津軽線三厩駅
●以上、三厩駅でした・・・。


三厩駅 (みんまやえき)
JR東日本津軽線
青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩東町299


posted by 伊藤 壮 at 12:00 | Comment(0) | 駅・秘境駅 訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【木造駅】身長17メートル

JR東日本五能線にある木造駅に行ってきた。


五能線 木造駅
●木造駅に到着。

木造駅の駅名標
●駅名標。

五所川原駅方面を見る
●五所川原駅方面。

木造駅から中田駅へ
●中田駅方面。

五能線の木造駅
●柵には垂れ幕が。五能線、きましたよ。

木造駅の駅舎
●ホームから見た駅舎。
列車が去った後は、しーんとして静か。
寒いんで駅舎の中に入りましょうか。
駅員のおじさんに青春18きっぷを見せたら、「おおっ、いい切符で来ましたねぇ」だって。
そのまましばらく談笑。
「今日はこんな駅へ何しに来たの?」
「駅舎を見に来ました」
「へぇ、それはそれはわざわざ。ゆっくり見ていってなー」

そう、木造駅には駅舎を見に来たのだよ。


木造駅
●木造駅舎。
・・・、・・・。
あれだ・・・、遮光器土偶・・・。
近くで見るとすげぇ迫力。
ちなみにこの駅土偶には「しゃこちゃん」という愛称が付けられている。

木造駅しゃこちゃん
●しゃこちゃんのアップ。
列車が到着するとしゃこちゃんの目からビームが放たれる。その名も「いらっしゃいビーム」。

遮光器土偶の駅
●遠くにいるしゃこちゃん。

五能線遮光器土偶しゃこちゃん
●さらに遠くにいるしゃこちゃん。
何、アレ・・・。

駅の入口
●ちなみに駅入り口は足の左側。

木造駅舎内
五能線木造駅
ようこそ木造駅へポスター
ここにも土偶がある
五能線木造駅
お土産品
●駅舎内はなかなか広く、快適。
そしてしゃこちゃんだらけ。

五能線の木造駅
●駅舎内待合室から見たホーム。
大きな窓。


木造駅周辺
五能線の木造駅のまわり
木造駅の店舗
銀行もしゃこちゃん
●町中もしゃこちゃんだらけ。


しゃこちゃん温泉の看板
●これは・・・!?

しゃこちゃん温泉
市営しゃこちゃん温泉
●本当にあったしゃこちゃん温泉。
市営の温泉らしい。
しゃこちゃん温泉公式ホームページ


五能線木造駅
以上、木造駅でした・・・。


木造駅 (きづくりえき)
JR東日本五能線
青森県つがる市木造房松10



posted by 伊藤 壮 at 09:00 | Comment(0) | 駅・秘境駅 訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月01日

【小幌駅】物見遊山

JR北海道室蘭本線にある小幌駅に行ってきた。


室蘭本線小幌駅までの道
●1月1日、元日の朝の札幌駅。
カシオペアから降りた足でそのまま別の列車に乗り込む。
向かうは、小幌駅。
目的はただそこに行くこと、です。

JR北海道の列車
室蘭本線
●列車を乗り継いで、乗り継いで。

駅弁石狩鮭めし
●雪景色見ながら駅弁むしゃむしゃ。
「石狩鮭めし」、めっちゃ美味かった。

もうすこしで小幌駅
●まもなく小幌駅。

室蘭本線小幌駅に到着
●札幌から約4時間、小幌駅に到着。
着いたー。
去っていく列車。

小幌駅の駅名標
●駅名標。
当然のごとく誰もいない。
正月早々、こんなところ来んわな。

小幌駅の周り
●駅周辺は雪、雪、雪。

小幌駅の乗車案内
●乗車口案内表。

冬の小幌駅
●小幌駅の下を流れている小川。

室蘭本線の小幌駅の時刻表
●小幌駅の時刻表。
停車本数は少ない。

小幌駅の小屋
●駅の横には保線作業のための倉庫(詰所?)がある。
駅舎ではない・・・。

駅の両側はトンネル
●駅の両端はトンネル。
こちらは礼文駅方面。

トンネルに挟まれた駅
●反対側、静狩駅方面。
トンネルとトンネルの間にぽつんとある、小幌駅。

小幌駅出口
●駅出口の階段。
雪が積もりすぎて、どこがホームでどこが道なのかわからない状態。

構内踏切
●構内踏切があった。

小幌駅
室蘭本線
秘境駅小幌駅
秘境駅の室蘭本線小幌駅
●小幌駅の写真いろいろ。
一面雪景色で真っ白。
三方を険しい山に囲まれ、もう一方は海へと続く崖。
駅以外、何もない。人気もない。
ここから歩いてどこへも行けない。つーか、道路が駅まで繋がっていない。
ふ、ここは陸の孤島だぜぇ。
うーん、本当になにもない・・・。
しかし、「正月」+「雪」+「小幌」フィルターで、かなり楽しかった。
大興奮。うひゃっほーい。
わっしょい、わっしょい!
ふ、趣味なんてこんなもんだぜぇ。

通過する特急列車
●小幌駅を通過していく特急。
中の人と目が合った・・・。

夕暮れの小幌駅
●日が暮れてきた。

東室蘭行き列車
●東室蘭行きが来たので乗車。
車内、暖かい・・・。

列車内から見た小幌駅
●車内から小幌駅を見送る。
すぐにトンネルに入って、駅は見えなくなった。

室蘭本線小幌駅
●以上、小幌駅でした・・・。


小幌駅 (こぼろえき)
JR北海道室蘭本線
北海道虻田郡豊浦町字礼文華



posted by 伊藤 壮 at 15:03 | Comment(0) | 駅・秘境駅 訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。