2009年10月19日

【田子倉駅】雨と紅葉と冬の訪れと

JR東日本只見線にある田子倉駅に行ってきた。


電車が到着
●田子倉駅に到着。

只見線 田子倉駅 駅名標
●駅名標。

スノーシェッドの駅
●ホーム全体がスノーシェッドに覆われている。
冬季は豪雪地帯になるため、このような作りになっている。
無機質な鉄骨の柱が並ぶさまはなかなか絵になる。

田子倉駅のベンチ
●待合室はないが、ホームにベンチがある。

ホーム
●ホームの端から小出方面を見る。

田子倉駅ホーム
●反対方向(只見方面)を見る。
照明も少なく屋根があるせいか、昼間なのにちょっと暗い。

只見線 田子倉駅
●さびしく光る照明。

ドコモのFOMAが使える
●ホームの一部でFOMAが使用可能だった。
アンテナ2本しか立たなかったけど、確かに使える。

只見線 田子倉駅
●ホームの端より。
この先は長いトンネル。

キロポスト
●ホーム横のキロポスト。
ひっそりとたたずむ。

田子倉駅の時刻表
●田子倉駅時刻表、一日三往復半。
行楽シーズンには臨時列車が運行されている模様。
(田子倉駅には止まりません・・・)

観光案内板
●名所案内板。
駅からは山の登山口が近い。
6月まで春スキーが可か・・・。

田子倉駅の中
●急に雨が降ってきた。あたりがいっそう暗くなる。
これだけごついスノーシェッドなのでホーム内にいれば雨はまったく入ってこない。

出口の階段
田子倉駅の階段
●ホーム中程にある階段で出口へ向かう。

おどり場
ホームと線路
●途中のおどり場でホームを見下ろす。
光と影の明暗が美しい・・・。

田子倉駅の階段
●さらに階段をのぼる。

通路
●階段をのぼりきった所。
奥左手に出口が見える
足下は砂利の道。

只見線 田子倉駅 出口
●まもなく出口。

只見線
只見線田子倉駅の入り口
●田子倉駅出口、すぐそこに道路。

田子倉駅の駅舎
●駅舎外観。
簡素なつくり。
資材倉庫みたい・・・。

駅名標
●シンプルな駅名標。

只見線 田子倉駅
●入口(出口)は一カ所。
ここでもFOMA使用可能を推している。

駅舎
●駅舎の反対側。

駅の外
●ちょっと歩いたところからの田子倉駅。
道路脇の建物がそれ。
周りには民家はまったくない。
あたり一面は山、山、山。

紅葉
●ちょうど紅葉が始まったころ。
赤く染まった山肌が綺麗。

只見線の紅葉
田子倉駅の紅葉
田子倉湖
●田子倉駅付近の紅葉。
田子倉湖も見える。
もうすぐ、冬。

只見線 田子倉駅
●さて、そろそろ列車がやってくる時間。
ホームまで降りますかね。


只見線 田子倉駅
以上、田子倉駅でした・・・。


只見線の紅葉
紅葉
田子倉駅の紅葉
●おまけ、列車内からの車窓。


田子倉駅 (たごくらえき)
JR東日本只見線
福島県南会津郡只見町大字田子倉字後山


posted by 伊藤 壮 at 21:15 | Comment(0) | 駅・秘境駅 訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。