2009年10月13日

カシオペア展望室スイート乗車記【その2】

カシオペア展望室スイート旅行記その2。

【その1はこちらです】




JR宇都宮駅
●17時50分、宇都宮駅へ到着。
ナビ画面もそれを知られてくれる。

カシオペア展望室スイートからの眺めカシオペア展望室スイートの景色
1号車1番の部屋
●日が落ちてきた。
刻一刻と迫る夜への移り変わりを眺める。
そして、宵闇の中をカシオペアは走る。

ドアカシオペア車内
カシオペア車内
●12号車のラウンジカーまで出かける。
1号車から12号車まではかなりの距離を歩くことに。
車内の通路は狭い。人と人とがすれ違うのがやっと。
そしてよく揺れる、これは仕方がないことか。

カシオペア12号車
カシオペアラウンジカー
●12号車ラウンジカーへと到着。
この時は誰もいなかった。
ソファーに腰を下ろし、景色を楽しむ。

カシオペアラウンジカーからの景色
●外はもう薄暗くなっており、街灯や自動車のライトなどが鮮やかに映る。

思い出ノート
●カシオペア思い出ノート。
ラウンジカーの一角に設置されていた。
乗車した方々が皆思い思いに感想を綴り、旅を楽しんでいるようだった。

カシオペア展望室スイート
カシオペア展望室スイート
●自室へ戻ってきた。
もうあたりは真っ暗に近い。
通過する駅の光がまぶしい。

福島駅到着
●19時52分、福島駅に到着。


カシオペア食堂車
●お腹がすいたので食堂車で食事をとることに。
食堂車は21時ごろからパブタイムとなり、気軽にご飯が食べられる。

カシオペア食堂車のテーブル
食堂車のテーブル
●テーブルは4人席と2人席で分かれている。
窓際の席に座り、さっそく料理を頼む。

カシオペア食堂車メニュー
●カシオペア食堂車のメニュー
ビーフシチューセットとケーキを注文。

カシオペア展望室スイート
●セットされる食器類。

カシオペア展望室スイート
●ビーフシチューセット。
ビーフシチュー、スープ、サラダ、パンまたはライス、コーヒー付き。
列車に揺られながらゆっくりと食す。
外は闇。山の中を走っているのか街灯などは見えない。

カシオペア展望室スイート
●デザートのチョコレートケーキ。
アイスクリームと果物も添えられており、彩りがあざやか。
コーヒーと共にいただく。

カシオペア展望室スイート
●食事を終え、部屋に戻る。
時刻は23時を過ぎ、夜はいっそう更けていく。
すこし早いが眠気が襲ってきたので寝ることにした。
眠る支度をととのえ、ベッドに横になりしばしまどろむ。
おやすみなさい・・・。

【 その3へ続く... 】



【 2009年大晦日カシオペア乗車記はこちら 】


posted by 伊藤 壮 at 23:38 | Comment(0) | カシオペア展望室スイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カシオペア展望室スイート乗車記【その1】

寝台特急カシオペアの展望室スイートが手に入った。
あれだ・・・、超プラチナチケットと言われる列車最後尾の個室。
興奮冷めやまぬまま、旅行の当日に。
上野から札幌まで、16時間の旅へと向かう・・・。


カシオペア展望室スイートチケット
●カシオペアの切符。
1号車1番の文字が輝く。

JR上野駅
●乗車日当日の上野駅。

上野駅13番ホーム
上野駅13番ホーム />
<img src=
●上野駅13番ホーム。
寝台特急が多く発着するこのホームには独特の空気がただよう。

カシオペア入線
●15時35分、カシオペア入線。
展望室は最初からカーテンが閉まっていた。

サボ
●行き先表示。

カシオペア車体ロゴ
●車体を彩るカシオペアのロゴマーク。
付近のいたるところで写真が撮られていて、カシオペアの人気の高さがうかがえる。

カシオペア電気機関車
カシオペアヘッドマーク
●先頭の電気機関車。
12両もの客車を牽引する。
カシオペアのヘッドマークが輝く。

ホーム上の乗り場案内
●発車時間も近づいてきたのでそろそろ乗車。

展望室への扉
●部屋番号は1号車1番。
そっとドアを開ける。

カシオペア展望室スイートの部屋内
●スイート(展望室)の中へ。
まずはその広さに感嘆。
ベッド2台、ソファー、シャワー、トイレが付いている。
荷物を下ろし、ベッドに腰掛けほっと一息つく。
これから始まる旅に期待が高まる。

上野駅発車
●そうしている間に16時20分、上野駅発車。


カシオペア展望室からの景色
●発車したところでカーテンを開ける。
一気に視界が広がり、その開放感にしばし感動。
遠ざかるビル、通過する駅、景色はどんどん遠ざかり、また変化していく。

カシオペアのウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク
●しばらくして、ウェルカムドリンクのサービスが。
ワイン、ウィスキー、ミネラルウォーター、そして氷。
乗務員の方が部屋の使い方の簡単な説明もしてくれる。

ベッド
カシオペアのベッド
●改めて部屋を見回す。
ベッドは2人分。大きさも並みのベッドサイズ。
これなら転げ落ちるようなこともないだろう。

浴衣とアメニティセット
●ベッドの上にはカシオペアロゴの入った浴衣とアメニティグッズのセット。

カシオペア展望室スイート
二人がけのソファー
●窓際は二人がゆったり座れるソファーになっている。
流れる景色が素晴らしい。

液晶モニター
●ソファー横には液晶モニターが付いており、現在地表示(カーナビのようなもの)やテレビなども見られる。
この液晶モニターはカシオペアの客室全室に付いているらしい。

カシオペア天井
●天井を見上げる。
間接照明になっている部分もあり、やわらかな光があたる。
照明はスイッチでオン・オフが可能。

カシオペア展望室からの車窓
カシオペア展望室からの車窓
展望室スイートからの車窓
展望室スイートからの車窓
●線路は続くよどこまでも・・・。
それにしても晴れて良かった。眺望も最高。
ウェルカムドリンクを呑みながら、列車に揺られる。

【 その2へ続く... 】



【 2009年大晦日カシオペア乗車記はこちら 】


posted by 伊藤 壮 at 13:55 | Comment(0) | カシオペア展望室スイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。