2009年08月17日

【比羅夫駅】ホーム上で「いただきます」

JR北海道函館本線にある比羅夫駅に行ってきた。
民宿「駅の宿ひらふ」がある駅。


札幌駅から比羅夫駅へ
●午前11時15分、札幌駅から向かう。
ちょうど向かいのホームに北斗星が入り込んできた。

函館本線の車内
●列車にごとごと揺られる。

倶知安駅
●途中の倶知安駅。

もうすぐ比羅夫
●まもなく比羅夫駅。
わくわくしてきた。

函館本線の比羅夫駅に到着
●13時58分、比羅夫駅着。
「着いたー!」

比羅夫駅駅舎
●ホーム側から見た駅舎。

駅の入口
●駅入り口。

比羅夫駅の時刻表
●時刻表。

比羅夫駅貼り紙
●時刻表の横に貼ってあった、身も蓋もない張り紙。

夏の比羅夫駅
比羅夫駅のホーム
函館本線 比羅夫駅
売り地
●駅前を散策。
といっても何もないんですが・・・。
緑がきれい。空気が美味しい。気温も涼しい。
それでいいではないか、いいではないか。

●何もないと言いつつ、今日の目的地はここ比羅夫駅。
実はこの駅舎がまるごと民宿になっていて宿泊ができる。
駅舎が宿泊施設になっているのは日本で唯一ここだけらしい。
鉄道好きとしては行くしかないやろー。

駅の宿ひらふ
●「駅の宿ひらふ」入り口。
駅舎の待合室から入る。

駅の宿ひらふのリビング
談話スペース
●入ったところは談話スペース。
窓からホームが見える。

比羅夫駅の二階部屋
駅舎の二階の宿泊部屋
●きさくなご主人に案内されて宿泊する部屋に行く。
駅舎の二階。基本は男女別の相部屋形式。
早く着きすぎたので他のお客さんはまだ来てないみたい。
照明はランプのみ。いいのぉ・・・。

比羅夫駅の二階からホームを見る
●二階の部屋から外を眺める。
うーん、気持ちいい。

函館本線比羅夫駅コテージ
●再度駅をぶらぶら。
駅舎内の部屋の他にコテージもある。
グループ向け(家族向け)に良さそう。
このコテージもホーム側から入る。ホーム直結。駅から歩いて17歩。

線路を歩くキツネ
●数時間ぼーっと過ごす。
いたるところで虫が鳴いてる。もうそんな季節ですか。
ホームに座ってずっと本読んでた。和む・・・。
ふと顔をあげるとキツネが線路を歩いていた。
野生のキツネなんて初めてみたわ。

JR北海道カラーの車両
●たまにやってくる列車。
機械的な音がするのはこの時くらい。
それもすぐに消えていく・・・。

駅の宿ひらふのお風呂
ホーム上の風呂
●16時 先にお風呂に入らせてもらう。
やっぱりホームからお風呂に入る。

丸太風呂
●お風呂はまた凝っていて、木をくり抜いて作った丸太風呂。
ご主人の手作りらしい。

駅で風呂に入る
●はぁ、極楽極楽。
写真では見えてないけど屋根が開いて露天になってます。

ホームに止まる列車
●風呂入っている最中に列車が来た。いやーん。

比羅夫駅のあじさい
紫陽花が咲く函館本線の比羅夫駅
●さっぱりした後、また駅で涼む。
風が気持ちいいーーーー。
紫陽花も満開。

比羅夫駅のホームでバーベキュー
●他のお客さんの到着が遅れるそうで、
先に一人で晩ご飯食べることにした。
晩ご飯はバーベキュー。
やはりというか、バーベキューする場所はホームです。

駅でバーベキュー
バーベキューできる駅
●もりもり食べるよ!
ホーム上でバーベキューってなかなかできんなぁ、これは。
希有な体験。

ホームで飲みながら晩御飯
●そして当然列車は来る。
呑みながら見送る。イヤー、最高やわ。(すでに出来上がってる)

函館本線比羅夫駅
夜の比羅夫駅
●どんどん日も暮れてきました。

みんなで晩ご飯
●続々と他のお客さんが到着してきた。
大阪から来たご家族、東京から来たご家族、
岩手から18切符使ってやって来た兄ちゃん、
北海道内から車できた兄ちゃんと僕をあわせて計9人。
「こんにちはー」「こんにちはー」
さっそく皆でバーベキュー。
顔を合わして5分で皆うち解けていた。
こういう場所柄のせいかしらん。
食べて呑んで、めちゃくちゃ盛り上がった。
バーベキュー終わった後も、談話スペースでだらだらとおしゃべり。

部屋で寝る
●夜も更けてきました。
さてそろそろ寝ますか・・・。
皆それぞれの部屋へ散っていく・・・。
おやすみなさい。



比羅夫駅の早朝
●朝6時30分 起床。
7時過ぎに皆で朝ご飯。美味いねぇ。
時間になるとそれぞれがそれぞれに出発していく。

函館本線の電車
●9時35分の列車で比羅夫を発つ。
ご主人に「また来ます」と告げて列車に乗りこむ。
列車が発車するまでご主人と他の宿泊客の方々がホームから
手をふって見送ってくれた。
ちょっと照れるがだいぶ嬉しい。
本当にまた来よう。



夜の丸太風呂比羅夫駅
●おまけ 夜の丸太風呂。
ランプの灯りで入る風呂は本当に気持ちよかった・・・。


比羅夫駅 (ひらふえき)
JR北海道函館本線
北海道虻田郡倶知安町字比羅夫


 
posted by 伊藤 壮 at 21:00 | Comment(0) | 駅・秘境駅 訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。